開局までの流れ

1調剤薬局業務を学ぶ

調剤薬局業務を学ぶ

現時点でのご職業が製薬メーカー勤務のMRの場合、大学卒業後すぐに製薬メーカーに勤務された方は、調剤薬局の経験どころか薬剤師としての経験もないのではないかと思います。その様な方であっても、新規開局までの間、弊社関連会社のパワーファーマシーにおいて研修生として受け入れることが出来ます。

閉じる

2新規開局地の選定

新規開局地の選定

基本的には、院外処方箋の発行を検討・希望している医療機関の近くで、新規開局予定地を探させて頂いております。

閉じる

3事業計画の策定

事業計画の策定

事業計画書は、社長となられる先生の新規開局後の収入を予測することになりますので非常に重要です。また、銀行から融資を受ける際にも必要な書類となります。

閉じる

4近隣の病医院への挨拶

近隣の病医院への挨拶

もし、院長と面識のないクリニックからの処方箋を主に受けようと考えている場合、事業計画が出来た時点でご挨拶に伺う方がよいでしょう。

閉じる

5 設計業者の紹介

 設計業者の紹介

調剤薬局を設計するのは家を建てるのとは全く違います。相応に経験のある設計業者を選定した方が、使い勝手の良い調剤薬局が出来上がる可能性が高いと思われます。

閉じる

6 各官公庁への事前相談及び届出

 各官公庁への事前相談及び届出

調剤薬局の開設には保健所の許可が必要になります。また、保険薬局として保険調剤を行うためには厚生局の指定を受けなくてはなりません。

閉じる

7 調剤機器・備品・消耗品の購入

調剤機器・備品・消耗品の購入

私達パワーブレーンでは、調剤機器メーカーと連携して、施設にあった調剤機器・電子薬歴などを手配させて頂きます。また、備品・消耗品の手配も同様に行っております。

閉じる

8医薬品の調達

医薬品の調達

私達パワーブレーンでは、長年培ってきたノウハウを元に、初期に必要な医薬品を選定して購入リストの作成をサポートいたします。

閉じる

9 従業員の採用

 従業員の採用

事業計画に沿って、従業員を雇い入れしなくてはなりません。私達パワーブレーンでは、募集の問い合わせ対応・履歴書の受付・書類選考・面接会場確保・面接日時設定・面接の立会い・採用、不採用への対応などの煩雑な業務をサポートいたします。

閉じる

10保健所の立会い検査

保健所の立会い検査

保健所の立会い検査時に、上記の医薬品・備品が揃っている必要はありませんが、調剤薬局として必要なものは揃えて置かなくてはなりません。

閉じる

11調剤薬局内掲示物の提供

調剤薬局内掲示物の提供

調剤薬局内の掲示物には一定のルールがあり、必ず掲示しないといけないものが多く存在します。保健所からの指導内容になりますので直接指示は頂けますが、いざ作成するとなると「どんな感じで作ればいいの?」となるのではないかと思います。

閉じる

12新規開局日前後の準備

新規開局日前後の準備

新規開局日を無事に乗り切るために必要な準備としては、近隣の病医院との連携の確認、薬局内での業務の流れの確認が重要になってきます。新規開局当初は、打ち合わせの段階では気が付かなかった多くの疑義照会が生じるものと思って、院長の理解を得ておく工夫などが必要です。

閉じる

13各種申請・調剤報酬の請求

各種申請・調剤報酬の請求

前出の調剤薬局の許可・保険調剤薬局の指定を受けるための申請以外にも、労災保険指定医療機関指定の申請や生活保護法指定医療機関の申請などがあります。

閉じる

パワーブレーン コンサルティング契約等の特徴

私達パワーブレーンでは、新規開局を希望されている薬剤師の先生方に新規分業案件の情報を提供しております。その様な場合、パワーブレーンの一連のコンサルティング業務をご利用頂いております。契約の内容につきましては、希望案件が決まり次第個別にご提示させて頂いております。

特徴

  • 1

    弊社にて調剤薬局の施工・調剤設備の設置を行った後に、賃貸を選択することが出来ますので、初期投資を最小限に抑えることが出来ます。

  • 2

    一括でお買い上げいただく場合でも、個人で施工・設備した場合とほぼ同等の費用負担で開局することが可能です。

  • 3

    突発的な薬剤師派遣依頼にお応えすることが出来ますので、短期間の薬剤師不在リスクを回避出来ます。(院外処方箋を検討する医師が最も注視するポイントです。)

  • 4

    関係会社のパワーファーマシーにて薬剤購入時の価格交渉を請け負いますので、十分に検討された価格での薬剤購入が出来ます。

  • 5

    パワーファーマシーとの連携により、薬剤の小分け購入・在庫品の処理が可能になり、無駄を省くことが出来ます。